あきる野市 蕎麦処 柳屋

まこも茶(煮出しタイプ10g)

真菰筍はイネ科の野菜で、古くから食用や薬草として用いられて
中華料理では高級食材として知られています。
真菰筍の葉は「神が宿る草」として出雲大社のご本殿のしめ縄は真菰筍の葉で作られています。

真菰筍、真菰筍の葉は食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、葉緑素が豊富に含まれています。
その成分が消化を促し、腸内環境の改善、血圧・血糖値の低下、血液の浄化や自然治癒力、免疫力を高める働きが期待されます。

当店は、あきる野市にある「小庄(こしょう)の田んぼ」で
農薬や化学肥料を使わず、野草の力を借りて畑や田んぼの土を作り野菜やお米を作る
「自然農法」で育てている農家さんの「真菰筍(まこもだけ)」の葉を使っています。

農家さんから「まこも茶」を頂き、早速飲んでみるとスッキリとした味でクセは無いのですが、ほんのりと甘みがあって麦茶やほうじ茶とは違うお茶に驚きました。
話を伺うと、真菰筍を株分けの時、間引きの時、収穫の時、真菰筍の葉が大量に出るので
知り合い方に「まこも茶」をあげる分だけ真菰筍の葉を確保して、残りは葉はそのまま畑に置いていました。
「まこも茶」を古くから薬用のお茶として飲まれている
農家さんから頂いた味が忘れらない、この味を知ってもらいたい想いから
「まこも茶」を作ることにしました。

真菰筍の葉を洗い、1週間程天日干しして、細かく切ります。
当店の自家用焙煎機で焙煎しています。
煮出しタイプ10gは5gづつ真空パックしたものを2袋入っています。
基本分量は5gのまこも茶に対して水1.5ℓ入れて沸騰させます。
沸騰後は弱火にて15~20分煮出して下さい。
煮出している時のまこも茶の香りが個人的には好きです。

クセは無いので、お食事やおやつのお茶として飲んだり、はちみつやシロップを入れて飲んだりする事ができます。
まこも茶を濃い目に煮出して寒天を作り、白玉と季節の果物、発酵あんこで「あんみつ」を作りました。アイディア次第で体にも心にも良く、楽しい時間が過ごせると思います。

当店は、全て作業が手作業で1人で作っています。
真菰筍を育てる中で不必要の葉を農家さんから仕入れているので、まこも茶を作れる量が
限られています。
商品を発送するまでに3週間前後のお時間を頂いてします。
ご理解のほど、お願いいたします。

まこも茶を濃く煮出して寒天を作り、白玉、発酵あんこ、季節の果物(この時は柿)を盛り付け「あんみつ」を作りました。

¥ 1,350

※この商品は最短で8月11日(水)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥ 500が掛かります。

通報する

ショップの評価